アトリエサガン木曜クラス

松涛逍遥

f0115769_2125034.jpg

松涛美術館公募展へ、オリーブさんの入選作品を見にいってきました。
会場は動きの止まった説明的な描写の作品が多い。。。審査員に洋画家が入っていないことが、こうなるのかしら。。。
写真をもとに描いた画面はすぐわかる。
資料にしても、使い方があるのだけれど。上手な絵と良い絵は違うよね。

数少ないリアリティのある<絵画>作品として、オリーブ作品にほっとして。あ、もう一寸だったかな、と思うところもあるけれど、モチーフとちゃんと関わった姿勢は、コンナ風に違うのだよ。
出品は程よい緊張の動機ずけとして、この経験をひとつの成果といたしましょう。
柴クラスのKitaharaさんの作品も、当然、別格の姿勢で綺麗でしたね。

f0115769_2182659.jpg

次いで、、、ごく近所なので、視覚障害者が触って鑑賞できる彫刻ギャラリーとして知られた
ギャラリーTOM (松涛2-1-11)へ。 
AT WORK KAKEI   入場料600¥




この小さい美術館は、こういうアトリエだったらいいなと思うような設計の素敵な空間です。
KAKEI氏は長年所属した新製作協会を脱し、フリーとなり衰えぬ造形を継続する作家。
原初的な生命力を内部に充溢した、エネルギーに満ちた立体造形に感応して、一寸元気が出たように錯覚して、帰宅後、だれ気味の100号キャンバスに向かい一仕事する気になった、思わず。
が、描くほどに混迷、画面はぜんぜん吹っ切れず。。
そうグジグジ描くなよー、自分!

鍋島公園の池で、甲羅干しの亀も眺めたし、、チイ散歩日よりのご報告。
[PR]
by sagan-t | 2009-02-17 22:44 | 今週のアトリエ
<< 完成 綿の花 >>



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30