アトリエサガン木曜クラス

ウオールギャラリー

f0115769_200498.jpg

今週のアトリエウオールギャラリーにかけた、OZさんのデッサン額2枚と、レインボウさん未完10号。

レインボウさん、バックの大胆な布の面白さを生かして、後半仕上げの見当が付きましたね。

個展準備中のOZさん、少し以前の8号の油彩人物作品を木枠からはずしトリミングしてデッサン額に入れ直しました。
某クラスの感想、、、固まった宮本三郎みたいで面白い、って(笑)それ、イタダキ。
色々な効果の作品を次々と描きあげるOZさん、人物は一寸フォルムが固いのですが、後ろのポスターや全体の調子が捨てがたいので、コンナ風にすれば、良いところ取りの掛けやすい額装作品になります。
額マットは自由に大きさをカットできるから、気に入った部分を生かして構図を再構成してみることも出来ます。
端の小さい額に入れたのはは、トリミングして切った別の作品のきれっぱし。
アソビだけど、一寸イメージありげな雰囲気なので掛けてみました。

油彩画をデッサン額にトリミングしてしまう、、水彩絵の具と違う密度は、改めて面白い効果で再生できます。
イメージの広がりは、色々な試みにある、ということもネ。

4月はsaitoクラス作品を楽しみましょ。
[PR]
by sagan-t | 2009-03-27 23:26 | 今週のアトリエ
<< おまけ 上野の桜 >>



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30