アトリエサガン木曜クラス

I藤の過程

7月                       6月f0115769_1516741.jpg   f0115769_15162721.jpg












itou氏また微熱? 回復のお口直しが熊谷守一仙人の「へたも絵のうち」だったから、大丈夫かなと一抹不安だったけれど。
対象の現実と、表現する自分と、惹かれる作家達の画面の魅力と、、又、なんか読んだ?なんか見た?
あ、デクーニンの画集見たって?
感受性の受け皿に未消化の断片を載せて秤を揺らす画面の先行きが、少し不安ですが、否定しているのではありませんからね。
考えれば、この色面の解釈は迷うといつも還るところだね。
コレは根強い質を含むところなのだろうか。
それなら、ソコを見据えていくことももあろう。落ち着いて内なるモチーフを尋ねれれたし。
どんなに良いといわれても、借り物のような思いがあるなら、行ってみるしかないよね、自分の足で往って確認することだよね。

アトリエ帰りに、鳥のから揚げミゾレ定食をたべつつ討議した先週のお題、モチーフとは何ぞや。
君の為、お約束の7月号冒頭文書きました。
次週、個々検証検討会につづく。  

業務連絡
サガンメール7月号からリンクで入れますが、OZ氏個展の多数の作品画像がHPにアップされています。 
sakai講師の取材によるものです。有難うございました。
集合写真、個別配信を待たれよ。                                                 
[PR]
by sagan-t | 2009-07-13 17:31 | 今週のアトリエ
<< サンフランシスコ にて 在外会員donku氏の場合 >>



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30