アトリエサガン木曜クラス

在外会員donku氏の場合

f0115769_16241486.jpg

在外会員のdonku氏。自主制作の作品を担いで、半年振りの一時帰国、アトリエ乱入?です。
離れた地で、独りで手探りで描いてきましたが、やはり主体的モチーフの意識を欠いたまま、対象の状況の追従で解釈しようとして囚われてしまったもので、視点を弱くしていました。
ここも、モチーフの意味の問題です。
ソコを突かれて、何故教会なんだ、との一喝あり。
それをまず、あ、だめですか、じゃ壊しますと、必殺ちゃぶ台返しの暴走する、donku氏らしい。
一寸待ってよ。再、再、再描きなおしのその強い無自覚的運動性を残し、これでいいやねっ、とした50F作品。
運動暴発的破壊、それきりならしょうがないが、<壊す>ことも、再構築するための、造形する過程での効果のある段階。

隔靴掻痒の通信講座の後の、短いスクーリングですが、ずっとコンタクトがあったせいか、昨日の続き、又明日のような、不在感なし。
今週までのクラス滞在。次に繫ぐ、沢山の課題をお持ち帰り下さい。
[PR]
by sagan-t | 2009-07-12 17:11 | 今週のアトリエ
<< I藤の過程 木馬の顔 >>



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30