アトリエサガン木曜クラス

静もれる 夜クラス

f0115769_19211565.jpg
サガンメール11月号では、ブログに動きなし・・と紹介されてしまったが、メンバーに次々と移動のあった夜クラス、とりあえずしみじみとokazakiさんと過ごしています。。ひとまずこの2枚を仕上げて小品シリーズから、新しい制作にかかっています。
新しい地での各位の報告もいただいていますが、投稿待ってます。
昼クラスは、Tomitaさんが久々に復帰をしてくださいました。少し新鮮な風。
モチベーションの高い昼クラスそれぞれの制作ペースで進んでます。

simadaさんから10月のパリ旅行の印象をメールいただきましたので、転記させていただきます。

< 一昨年のパリ美術館巡りの際、オルセーには3度足を運びましたが、1階のミレー、シスレー等、 3階の印象派絵画をゆっくり鑑賞し、2階はさっと見た程度でした。
今回3階が改修中で見られませんでしたので、2回を中心に鑑賞することが出来ました。
ゴッホ、ゴーギャンの絵が数多くあり、その他、象徴主義、ナビ派の絵が多くありました。
纏まってみたことのない作者や、また始めて名を知る作者も多く新しい発見でした。
 象徴主義とかナビ派という言葉は知っていましたが、まとまって作品をみたのは
初めてで新しい知識を得ることが出来ました。特にボナールの作品に魅かれました。>

その後は夫人の運転で、印象派の聖地ノルマンデーを廻られた由。
エトルタ、オンフルール・・印象派の理解がより深まります。
南仏とはまた異なる魅力で、まさにスケッチ旅行コースですね。
ただいま、旅の成果、モンサンミッシェルをパステルで制作中。

行く度に新しい発見があるのが旅・美術館ですね。鑑賞するこちらの目、意識の問題ですね。
美術館の空間は時間旅行。いずれにせよ、制作は日常の冒険者たらんと。
[PR]
by sagan-t | 2011-11-07 20:06 | 今週のアトリエ
<< 野見山暁治展 講演会レポート  MIWA氏の作品 新旧を並べて >>



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧