アトリエサガン木曜クラス

モダン・アート、アメリカン

アメリカ近代絵画、そこそこの作家をざっくり展望できるフィリップスコレクション展にて。
夜クラスokazaki yuさんと会場でばったり遭遇。
ちょうど、オキーフィの葉っぱのポスターをモティーフにしていたので、興味、印象深く見ることができましたね。 印刷物でなんとなく認識していたのとは違う、野性的なようで洗練されたオキーフの画面の前で、デリケートな色彩の変化や調子、モダンな画面で、商品なのの心地よい緊張に、なるほどね・・と再認識。
不思議なフォルムの砂漠の教会の作品は(蟻塚か泥饅頭みたいな)yuさん友人がスマホですぐ実際の教会画像を出して確認してみる、、砂漠のこんな教会あるんだ!新しい鑑賞法ね・・
f0115769_261098.jpg

yuさんのレポート。サンキュウ。
sagan-tはデクーニンの大きい作品に満足。

12月某日、国立新美術館にてフィリップスコレクションを鑑賞してきました。

数ある作品のなかでも、オキーフとホッパーは際立ってました。
オキーフは葉の作品2点と、ニューメキシコのランチョス教会。デフォルメしてあるのかと思ったら実際にあんな形の教会とのこと。世界は広い、教会もいろいろなのですね。
これらの作品が並ぶ壁の周辺は、空気が違って見えました。緊張感があるというのか、とにかく綺麗で。

行く前から欲しいと騒いでいたホッパー「日曜日」のおじさんピンバッジを手に入れたので、チラシのオジサンと記念撮影。

会場でnomura先生に遭遇し、私と来ていた友人ともどもいつもの?ウエストで、パンケーキと何杯ものロイヤルミルクティーで展覧会鑑賞を〆たのでした。

会員からの展覧会レポート第一弾でした。
関西支部、上海支部からのレポートも期待しています!
yu
f0115769_192418100.jpg
[PR]
by sagan-t | 2011-12-18 19:39 | 会員作品批評
<< 夜クラス 通信 野見山暁治展 講演会レポート  >>



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30