アトリエサガン木曜クラス

木曜クラス関西支部レポート‏

みなさま

この前はおじゃましました。
ちょっと舞い上がってしまいました。
すみません。

その後、クラスは盛況でしょうか?
なかなか個性豊かなメンバーで、
木曜クラスらしい?ですね。

大阪二科、チケットありがとうございました。
さっそく行ってまいりました。
なぜか「天王寺」というディープな場所で開催されています。
上野とも六本木とも違う雰囲気です。

昼間っから酒を飲みつつ、
串かつやどて焼きを食らう人々の喧騒の脇にある美術館です。

東京で二科展を見終わると
なんとなくフレンチやイタリアン気分になるんですが、
ここは、ドヤ街とソースと二科展。

絵を見終わった気分と、
それを取り囲む街とのギャップに
頭がクラクラ。
余韻があっというまに掻き消されていく。

人間の繊細さよりも、
目の前には人間の生命力、
(それは根本的な「食べる」とか「その日を生きる」といった)
そんな荒々しい大きなエネルギーの塊が、でんとある。

これがザ・大阪、なのかもしれません。


一方、竹内栖鳳。
先生のサガンメールを見て、興味をそそられ行ってきました。

目玉の猫の絵は会期が異なり見られませんでしたが、
ライオンや雨の風景など
心を惹かれるものが多くありました。

京都を中心に活躍していた人のせいか、
見慣れた風景、
いや風景というか網膜に微かに残った記憶というか、
その一瞬を「見たことがある」と感じさせる絵でした。

はかなさや幽玄、繊細さ。

かなり大きな未完成の滝の絵なんかは
抽象画を彷彿させ、すでに完成された絵のようにも思われました。
柴村先生の絵と共通したものも感じられました。


大阪、京都、東京。

街が変われば、感じ方も変わるんでしょうかね~。


次は、京都二科に行ってまいります!


やすみち

************************


こんにちは! ご無沙汰しています。ちばです


大阪の二科行ってきました。
先生の絵はもちろん、東京の一室や二室などで見られる絵も
久々に鑑賞する事ができて、京都のときより二科をみた感じがしました。

毎回なにげなく見ていたようで、
あの作家さんのだ、と分かる絵を見つけるとホッとしたりして
知らず知らずのうちに勝手に愛着をもっていたのでしょうか。。。

でも作品数は東京よりぐっと少なくて物足りなかったかな~

大阪まで出たついでにお昼はきつねうどん、夜は串カツを食べて
とっても充実した一日になりました!

そして先週は、野村先生がサガンメールで紹介されていた竹内栖鳳展へ。
いわゆる日本画のイメージと違うというか、新鮮でした。
圧倒されつつも、自分のもっている感覚とどこか近い気もしました。

そうそう、美術館に向かう途中、思いつきで隣の動物園に立ち寄ったのですが
それが良かったのか、動物の量感・肉感・動きを画として表現する過程(?)
というか、見たものを描くという流れをより生々しく感じた気がします。なんちゃって!

この日はなんと、南禅寺近くの湯豆腐屋奥丹でランチ♪
芸術の秋、食欲の秋を満喫していま~す


以上、関西支部鑑賞レポートでした!



追伸:大阪二科展示の様子を撮影したので、圧縮して添付しています。
f0115769_10493656.gif
f0115769_10492697.gif
f0115769_10491498.gif
f0115769_10485449.gif
f0115769_10462622.gif


+おまけ:
大人になると動物園に行く機会ってないですよね~
今回一番ハマった動物はコチラです(添付の動画です)




[PR]
by sagan-t | 2013-11-19 10:53 | 伝言板 
夜クラス 女子会ふう・・ >>



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧