アトリエサガン木曜クラス

<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

コメントありがと

とりあえずって、内向的なブログなれど、反応ありは嬉しいこといじゃ。
I藤君コメント御礼。
<作品はいつ仕上がるか?>刀折れ、矢尽き、弾撃ちつくし、敗色濃い画面に善戦の痕跡ありや無しや?運送屋を待ちツツ、なきツツ、、サインを入れる、、、タイムアップというだけで。。
其のココロは、次回につづく

絵を描くことも、なにやら与太文を書くことも表現する<志>、コミュニケーションの希求においてなるかな、、、

今週〆会 シャンパン ワイン2 在庫あり。
ほどほどでよいのではないか?

コメント返礼。制作2週目。トリミングなしご容赦。参考まで


f0115769_6554165.jpg


  
[PR]
by sagan-t | 2006-12-20 06:57 | 会員作品批評

サガンメール配信されました?

木曜クラス各位
メール不着の方はアドレスを事務に確認してください。
メール冒頭分、、この1年分がまとめてHPにアップされ、通して読み返してみると4人4様。
1年があっという間に過ぎまして、来月から野M講師に交代、順番が回ってまいりました。
今年は2,3月寒波、大雪で、凄く寒い冬だったコト思い出した、、、
ついでながら、サガンHPをうろうろ。
T橋マダムの旅行記相変わらず楽しいですよ。
柴M講師のエッセイ<制作に終わりはあるか>I藤君参考になるのではない?
植Mさんのポーラ美術館記など読み返すと、初々しく?懐かしい感じもいたしますな。
どなたか、世田谷美術館ルソー鑑賞記を書いてくださいな。I藤君!HP用原稿願います。

サガンの出来事もそれなり変化あり。
時間と記憶の装置について、想うことしきり。時間性は我が制作の主体でもあるからして。

さて、
我がクラスお掃除当番月間、宜しくご協力を。

今月、といっても今週で今年最終、昼クラス簡単〆会予定でしたが、変更出来ない要件で1時より中抜け。申し訳ありません。4日の新年会を期して。
5,6時には戻りますので夜クラスは支障ないです。
待ってます~

よろしく。
[PR]
by sagan-t | 2006-12-19 08:21 | イベントなど

初めての方も、経験者の方もお気軽にどうぞ。


木曜日の授業から1コマ無料体験ができます。
午前(11:00~)午後(2:00~)夜クラス(6:30~)
木曜日は基本的に時間の入れ替えしていない、唯一のクラスです。
ご都合のよい時間をご連絡の上、お気軽に見学、無料体験レッスンの
お問い合わせください。

画材はアトリエ用意のものをお使いいただけます。


渋谷区 恵比寿
絵画教室 アトリエ・サガン info2@a-sagan.com
[PR]
by sagan-t | 2006-12-10 03:22 | 無料体験受付中!

とりあえず、、

恵比寿の絵画教室<アトリエサガン>の隙間クラス、いつでもいらっしゃい木曜クラス、、、ユニーク、ささやか、のんびり、マイペースで制作の木曜クラスのために、新婚即週末シングルになってしまったⅠ藤君が、いつまでも準備中のHPクラスページを心配して、とりあえずブログをアップしてくれました。
ありがと。

昨今お忙しの夜クラス会員ご常連諸氏にあっては、<絵画表現のための目と心>の興味を失わないでいられたら<描けるときに描けるように>のペースでよいと思っていますので、このありがたいブログを連絡、掲示版として各位の状況確認の場としたいと思います。
行こうと思ったのに行けなかったぁ~週には、覗いてみてね。

クラス紹介ページとしてまとまったものに構成するのはおいおいにして、クラス諸氏の進行中の制作作品についての、もろもろお伝えしたいことなど、極力書き込んでゆくつもりですので。
個々の作品についての問題は、その個人だけの問題ではなく共通共有できるものだと、又自己の作品展開のヒントになればと思うところですので、そうした視点でお伝えしたいと思うところを書き込むようにいたします、、、

さて今週は、夜クラスは地味な出席でしたが、午前、午後クラスは、昼食をはさんで連続して制作するK岡、k藤、SS木さん等、モチベーションの高い人が多いので、具体的な効果の口出しより、抽象的な、表現とは何か、、のお話になり勝ち、、
K岡さんは開催中の神戸のティールームの自分の個展を確認に行っった。大作の制作と小品の効果について、、私にとっても大いに問題であるところ、、
そこで、今週のお言葉
大きい作品と小品に落差がない、テーマと内容の使い分けをしないで成立させている斉T講師の個展での発言<僕は、作品をそこにかけた時に壁(空間)が綺麗に見えるように、と心がけながら描いている> ウ~ん、そっか、つい画面上の問題とのみ関わって捉えてしまう閉塞に結構鋭いお言葉、、である。  
そのことについて、考えよ。昼クラス皆様の宿題。とした。

夜は打って変わって、ひっそりと終始した。
集中できて結構です、と嶋D様。
その嶋Dさま。<画材としての鉛筆>にて、観ることと描くこと、すこし自身の実感があるようになられたかな、、
カランダッシュ水性色鉛筆を加え、色彩をアクセントに、1枚1枚表情のある作品になりつつあると思います。
ちったぁ、我ながら良いかな、もう少し良くできるかな、、というきっかけは道具が判り始めることかでもあるかな。
それにしても油絵の具は手ごわいね。
M輪さん、は捉え方と絵の具の使い方がマッチしてきた、、
今回作品、無理なマティエルではなく素直に見られる不思議空間で、モノの描写を表現の課題とせず、モノの在り方を介在して光と空間が考えられるような、、ちょっと注目。

お帰りは、K本さんと、M輪さん開拓のさっぱり系ゆず胡椒ラーメン、新鮮、正解、又行こうね。
I藤用シャンペン、嶋Dさんワイン、在庫あり。
本年度〆会、各位それなりに調整くださいね。先週、A垣君遠来。〆会来るそうです。

本日、PC不調につき、師匠の指導を仰ぎ、その勢いで書き込みました!
毎週書くとは限らん。おつかれ!

元T葉、現I藤夫人途中作品ながら、ご覧あれ。圧縮して荒れてしまったね。ごめん。

f0115769_4103234.jpg画面下方向の水平な色面の構成はどうかな?画面の中だけではなく画面の外のへ空間の広がりも考えて構成してみたら?画面をもうひとつ動かせるところかな、、次回考えてみて。

<9日記>
名物事務局長T橋サン、今月は14日出。
[PR]
by sagan-t | 2006-12-09 20:49 | 会員作品批評



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31