アトリエサガン木曜クラス

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

上野にて

f0115769_050572.jpg

雨の休日、上野にて。気になる展覧会に浸った帰路は、秋の景色が新鮮に映ります。
オレオリンは緑を含む黄色。クロームイエロー、イエローオーカー、二等辺三角形の銀杏並木。雨は透明に色をぬらし、灰色の大気に滲む。
何時になく風景の要素に感応した、展覧会の余韻。
詳細は、ここでは語らず、、、想うところ折りあらばアトリエにて。。

f0115769_015994.jpgとりあえず
[PR]
by sagan-t | 2008-11-30 01:12 | 今週のアトリエ

オリーブさんのオリーブ

f0115769_657579.jpg
オリーブさんの30号 制作も後半にかかって、さて、少し眺めて今週の継続のために画像アップしておきますね。
[PR]
by sagan-t | 2008-11-19 07:05 | 今週のアトリエ

秘密の色層

モーリス ルイス 秘密の色層 11月30日〔日)まで川村美術館で開催
f0115769_4191788.jpg

ご案内が遅くなったけれど、午前、午後クラス行動力のBettyさんの感激の展覧会。

モーリス ルイスはカラー・フィールド・ペインティング〔色面による場=フィールドの絵画)の作家ですが、<ヴェール>シリーズのまさに秘密の色層、おォ~と喘いでしまった。エミリー ウングワレ以来の純粋にキャンバス平面に感得する喜びの強さを、又、考えざるを得ません。
出不精(デブ症ともいう)の講師、未見ながらカタログだけで痺れちゃう<奥さんに隠してまで何していたの>というそそるサブタイトルも、言うよねー。
小さなダイニングをアトリエにして家人が帰宅するまでにきちんと片付けてしまうので、制作方法も不明のまま、死後見出された大量の巻いたキャンバスの作品(木枠に張られていない)はサインもなくタイトルもなく、上下もわからないという。余りに内向的で静謐な、ミステリアスな制作の背景も興味をそそるよねー。
既存の美術史や絵画論の概念を超えて、先もなく、後もなく、独自にたち顕れる美しい作品は限りなく驚異だ。いつでも。。。
絵画講師のルイスが生徒に与えた「手段を見つけ、それに従う。<そして>全てを賭けてみよ」という忠告を自身が実行することとなった、、と図録の解説。とても面白い示唆と。。

川村美術館でHPで続きをどうぞ
http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/index.html

bettyさん大事な図録を拝借御礼。
[PR]
by sagan-t | 2008-11-18 06:11 | 伝言板 

セルバンテス文化センター東京

眠る月のもとのアンダルシアのジプシーf0115769_6234838.jpg
夜クラス島D氏に、セルバンテス文化センターをご紹介いただきました。
スペイン国王の来訪に合わせ開館したスペイン国営の文化センターは、語学学習や図書、ビデオ、映画上映、展覧会などスペイン文化の情報発信の充実を目指している施設のようです。
こうした外国文化センターの常で、ランチが安くて美味しいというところで、グット身近になってきます!

スペイン動乱時に暗殺された詩人ロルカのデッサン、直筆原稿の展覧会では、この小さな洒落た図録が無料でいただけるようです。
最寄り駅は 四谷 麹町 市ヶ谷 機会があったら立ち寄ってみたくなりました。
お散歩にいかが。パエリャのランチに惹かれて。
詳細は
http://tokio.cervantes.es/jp/default.shtm

島D氏ニューヨーク、ボストン美術館巡りの旅、モランディの回顧展等充実のご旅行であったようです。やはりアメリカの美術館抜きでは近、現代美術は語れないか。NY行くべきか。
2度目のパリ新婚旅行か、i藤夫婦。よほど’幸せ’だったのだなパリで。
旅の先々に小物をバラマク・オバンことTマネージャー、今度はパリに何を落し物してきたか楽しみ。旅話聞かせてチョウダイ。
相次いで脱出組みの諸氏、生き生きと回復され帰還。
[PR]
by sagan-t | 2008-11-14 06:23 | 伝言板 

光あれ

f0115769_2224318.jpg

綺麗な光をまとった笠iさん静物。
画像は透明感が出て実際より少し良く見えるかな。まだ少し粉っぽく絵の具が浮いているようなところもあるのですが、じゃ如何したらいいですか、と対処処置の即答を求めるのではなく、よく判らないなー、という思いを抱えながらゆっくりと画面を詰めていく笠iさん、いつも自分で解決の手がかりを得てきました。大丈夫。
先回とガラッと変えて、色を押さえたモティーフで、視線の高さを変えて、見ることの領域に少し変化が出たところです。
とにかく、少しずつ積み重ねる時間の蓄積が魅力的な画面ですから、そうしたペースにいま少し確信がもてて楽しめるといいかしら。

豊かな光のリズムが、いいね。
[PR]
by sagan-t | 2008-11-05 22:25 | 今週のアトリエ



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30