アトリエサガン木曜クラス

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

堅牢な画面へ

f0115769_030686.jpg
itou氏、展覧会発表の刺激・余韻のあるなかで取り掛かった新作、すでに気分は日常フラットだが、想いを内に継続は力なり。と。。
テーブル面にポスターをおき、平面を動かそうと画面構成に工夫を持ち込んでみました。
まだ未消化で何回か動かして、ありようを探しています。
堅牢な画面を創っていく落ち着きが気持ちよく、結構だと見ていますが、本人の気持ちがなぜか、いつもどうりというか、常に懐疑的。
時間を濃くする、それで良いって。


オルセー美術館展2010-ポスト印象派
リンク貼りました。
[PR]
by sagan-t | 2010-05-12 00:39 | 今週のアトリエ

新メンバー 新作

f0115769_2523857.jpg

夜クラス新メンバーsanoさん8号作品。
絵の具は使えてます。画面に積極的に絵の具で関わっていく経験がすでにあります。
ボリュームと空間の関わりを、どのよう見出してもらいましょうか。
水彩のような透明感のある調子に見えますが、積極的に載せた絵の具に、透明な色彩を絡めるています。
アトリエでの1枚目の作品で、現在地をお互いに知りたいということで、始めてもらったものです。。。


キャンバスの矩形の空間にもうひとつの矩形、小さい額縁を背後において、構成を考えてみましたが、コレが構図上の位置関係や、空間の関わりや形体や厚みの解釈のネックになり、収集に苦戦しています。
そうした状況を横目に、絵の具で、苦戦できる、戦える積極性の可能は、楽しみななところです。
キャンバスサイズを大きくしてー空間を大きくして、描いてみて、課題を浮かび上がらせられたらとも考えています。

薄く、厚く変化をもった絵の具の調子や、バランスの良い色感など、新しい風をもたらす新メンバーに、クラスも、一寸刺激的です。
アトリエの、マッタリしつつ集中するささやかな時間に、なじんでくださったように思えるのですが、状況に合わせて、息長く描いていく時間を形成していただけたらと願います。

途中経過.初登場だが、エプロンの貫禄に注目だね。
f0115769_2544216.jpg
[PR]
by sagan-t | 2010-05-11 04:48 | 今週のアトリエ

おまけ余話


f0115769_16204492.jpg
くるくるサイトを遊んでいて、こんなページを見つけました。
パリから数キロのミりー・ラ・フォレ、コクトー終焉の地に、小さな元ライ病院を監修し壁画を描き、自らの眠る聖堂があります。
ミリー・ラ・フォレという地名の響きも忘れかね、懐かしく思い出したこと。。。
元病院の、沢山の薬草・ハーブの畑の庭、背の高い植物を見上げるコクトーの壁画の猫、壁画以外の装飾のない聖堂の片隅に、ガラスケースに入ったたコクトーの細長い筋張った右手(カット)、小さいクッションの上でペンを握っていたっけ?モニュメントの内部に立って、眠るコクトーの胸の上に立って、何かの気配に耳をそばだてた時間。
いくつもの記憶のコラージュ、コクトー的イメージの25年前の一日を想い出して。

ジャンコクトーの自宅公開 ココ、クリックね。
[PR]
by sagan-t | 2010-05-10 00:57 | 絵画教室アトリエサガン

在りかた

f0115769_23331339.jpg
f0115769_23333098.jpg
f0115769_23352733.jpg



つつじの華やかな色彩が輝き、いきなり初夏を思う連休日よりです。
ゴールデンウィーク最中、各位、爽やかな季節の中で充電中でしょうか。
そんな日に、クラスの自主制作、入選作品の確認に新国立美術館の国展に出かけましたご報告。

さて、お目当ての作品は、、、
妙に形象の暗示などない、途中経過のほうが良かったかなと思うが、作者の主体的判断を受け止めます。
次につなぐ、という意味はいつも、、

詳細は、アトリエにて
[PR]
by sagan-t | 2010-05-04 00:17 | 今週のアトリエ



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31