アトリエサガン木曜クラス

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

チョイ ハードルあげて

f0115769_3203829.jpg
f0115769_3204895.jpg



sanoさんアトリエ2作目。
一寸身体で絵の具に関わって、楽しんでもらおうかと画面を大きくしてみました。
モチーフ設定、構成に目標を絞る苦心をしながら、デッサンでバランスを確認する手順も踏んで、油彩にかかりました。
デッサンを見ていると、美校受験の勉強をしただけあって、デリケートな調子を使って描いています。
それか、骨格か表層か、油彩の過程で色々出てくるかも、、としても、自分の表現の確認ための時間を楽しんで行くつもりで進めたらどうでしょう。
ゆっくり、、、見てるよ。
[PR]
by sagan-t | 2010-06-16 03:34 | 今週のアトリエ

そういえば、今頃ですが。。。

f0115769_7225290.jpgf0115769_7231254.jpg








f0115769_7234456.jpg





5月13日~5月18日に開催されていた柴村純一展にて。

出不精なsagan-tも油彩での展開に興味があった柴村講師個展とあって、夜クラス常連数名と連れだって何とかたどり着けました。
ちょっとした異空間の中野ブロードウェイの閉塞感に身構えつつ、小さな画廊に一足入れば、その清冽な柴作品空間に一同、ホッとして、ハッとして、それぞにに引きこまれてしばしの様子。
作家柴村氏にも多々話を伺えて、制作、作品、作家の神経、etc アトリエデ描くだけではない新鮮な刺激、収穫のあった顔つき。
作品画像を抑えてなくてごめんないですが、画面の前に立たないと伝わらない作品空間と思うから、敢えて。

多様な作品を観る、知る、ということもこうして体験として共有しなから確認すると、よりはっきり画像を結んでくることがあるかもしれません。
なるべく、連れ立って、展覧会も出かけてみる機会を持ちたいと思います。
作品鑑賞はその場、その時間の限りに終わるのではなく、個々の感性と時間のフィルターを経て濾過されたナニカの有無、そうした蓄積が少しづつ意識に残ればよいと思えます。
描くこと、観ること、同じように。
[PR]
by sagan-t | 2010-06-15 08:25 | イベントなど

歓迎とご紹介 nakayama氏 第一作目

f0115769_16385828.jpg
f0115769_16393198.jpg






昼クラス5月からの新会員nakayama氏、初めての油絵を製作中。

体験レッスンで、描くためのものの見方をざっとお話してあるだけですが、
油彩で基本的なデッサンの意識を含んでで早速に描きはじめて頂きました。
どうでしょう。タフな画材・油絵の具の表現力が多様であることを実感しながら、基本形体を見ていく、、
問題が広がってしまうのですが、健闘中。
格別絵画的に素敵という対象ではない、基本的な愛想なしモチーフ、難しいよね。
そこでゆっくり確認していただければ宜しいのですが、形体・ボリューム、光・色彩が絡んで、てこずるけれど、まず感触ね。
当方も得意の、話のブレと広がりを修正しつつ、一寸新鮮に。

ガーデニングのご趣味と、リンクする描く楽しさが我が物となります様に。
[PR]
by sagan-t | 2010-06-14 17:35 | 絵画教室アトリエサガン



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30