アトリエサガン木曜クラス

はみ出るかぼちゃ

f0115769_17401387.jpg

YUさんの0号 小品ですがモチーフのボリュームを感じて、面のタッチが生きています。
纏めようとせずに絵具をつけていく最初の印象やドライブ感を生かして、もう、いいかな。
小品の画面の密度は又難しいよね。

詳細 後ほど   のつもり
# by sagan-t | 2011-02-07 17:50 | 今週のアトリエ

ito氏 ドコまで詰めるか・・

f0115769_17211269.jpg
2月3日
f0115769_17221664.jpg
1月                
詳細後ほど        



密度のある完成
f0115769_17315928.jpg

# by sagan-t | 2011-02-02 17:24 | 今週のアトリエ

ito氏 進行中

f0115769_3301332.jpg
10月21日
f0115769_3304129.jpg
11月11日
f0115769_3313039.jpg
11月18日
f0115769_3324270.jpg
進行中
# by sagan-t | 2011-01-20 03:36 | 今週のアトリエ

今年もよろしくお願い申します

f0115769_2111947.jpg

新年に入り10日です。すでにアトリエも開講して、各クラス顔合わせは済んだ頃。
今更ですが、本年も粛々と継続は力なりと、唱えつつアトリエの時間を楽しんでいただきたいと、お願いいたします。
pcの不調を言い訳に更新が滞りがちですが、ぼちぼち、ずるずる、いきたいとは思っとります。。。ところ、が、年始年末クラスの様子を取り込もうと用意したら、、カードリーダが見当たらない、、、

でもって、今回は自宅待機の里親探し猫さんの年頭ご挨拶でちょっとごめん。
仲良く肩組み合って、可愛いので許して。
ツヤツヤ黒猫♂8ヶ月、和モダン柄♀4ヶ月 猫の席が空いているお家ないかしら。。

f0115769_2150332.jpgこの女の子の猫は、稲垣中静の猫のそっくりな模様なんです!
# by sagan-t | 2011-01-10 21:55 | 絵画教室アトリエサガン

メ~リークリスマス 年末のアトリエにて

f0115769_2283067.jpg
 少人数のクラスの良いところか地味なところか、、ベテラン主婦そろいの昼クラス持ちよりのアットホームな打ち上げです。ご馳走様のご報告。
安定して自分のペースで描くことを楽しんで、アトリエに立ち寄る時間を作ってきてくださるメンバー諸氏と長いお付き合いに感謝します。
引きつづき2011年も、元気に良い制作が出来ますように。
# by sagan-t | 2010-12-25 22:00 | イベントなど

タマチャンの登場

水差しの水は植物を養い、水槽の水はタマチャンの生存世界のすべて。
画面自体が水の中のような静かな気配が魅力の作品になったと思います。
f0115769_2275374.jpg

f0115769_2195364.jpg
空気や光など触れることが出来ない要素をどのようの表現したらよいでしょう。
モノについては観察のなかで実態に即してく描写の集中力があるimaisさん。物質の描写と同様な解釈を求めて、バックが観念的になってしまうと苦労に感じているようです。
今回は、容器の中に閉じ込められた透明な水の体積をとおして、偏光、反射する<光の形>を意識してみましたが、空気を器の中の水のように体積のあるものとして意識したらどうなるでしょうね。

11月の最後の週に、赤い尾ひれをユラユラ揺らすタマチャンのベストポジションを決めて、レンズ効果を上手く使って、タマチャンの孤独な世界、たっぷりの水の質感は出たように思います。
その一週間後に!男の子のママになったimaiさんの産休直前のひとまず完成作です。
# by sagan-t | 2010-12-09 06:53 | 今週のアトリエ

人気のモデル熱帯魚のベタ タマちゃん 

f0115769_2242776.jpg12月にママになるimaiさん、
今は会社勤務からフリーの立場になったokayuoさん、
水がレンズ効果になって、ベタの真紅に揺れる尾びれが色々に変化して見える、、同じモチーフでそれぞれの視点を考えます。



暗い地塗りで始めた効果がでるでしょうか。
光を見つけてデッサンしていくようにして、今のところ進めやすそうです。





f0115769_225664.jpgポトスの葉の動きで画面にリズムを作ろうとしています。明るさへ向かって書き進めますが、バックの空間の対処に苦慮中。
















f0115769_225259.jpg描き込む、、描写を進めていき、画面に緊張感が出てきたようです。ベタのタマチャンはまだ不在。


















f0115769_2274921.jpg
okayuoさん4F ガラスの器のを画面下にトリミングして、水の屈折とベガの位置を生かす狙いかな。
さて、どう成立させる。ホワイトを粉っぽくならないよう画面に定着させるよう考えながら、良く観察をして水の反映を見つけていくといいかな。ベガ・タマチャンがアクセントになるはず。画面を優雅に揺るがせて欲しい。










f0115769_2281150.jpgガラスの形の納め方、妥協しないでよく見て判断の要あり。画面の動きから見直します。

saito講師の人気モデル・熱帯魚ベタの名前が、タマチャンと判明。どうよ?
結構お世話してもらっているようだが、、寒さは苦手らしい、越冬させられるな。



朝テーブルの上の小さな水槽でゆらゆらしている姿が可愛くて、4粒えさやりのコミュニケーションはナカナカ楽しい。モデルさんも元気に頑張って欲しいなー。
描いている人ももうチョイ頑張ってネ。
# by sagan-t | 2010-11-11 04:52 | 会員作品批評

昼クラス 11月は人物を描きます


f0115769_19473740.jpg


f0115769_19371376.jpg
f0115769_19432819.jpg

安定したモチベーションでそれぞれ制作をする昼クラス、タイミングが合って人物モデルを描く機会ができました。活発な印象のモデルさんを囲んで、スリムな日常の服装ですが、クロッキーでしばらく手と目の練習をして、固定ポーズで油彩、デッサンに取り組んでください。
継続して人物をとらえる練習がなかなか出来ないので、ぎこちない線・フォルムでもありますが、体のつながりに馴れていきましょう。
やはり人物は表現の切り口も多く、課題の難易度もあり、描くのは楽しいでしょ。

クロッキーは線をとぎらせないで、動きがでるように。なるべくイッキの線でを生かして、ボリュームや繋がりがになるよう、手を慣らしてみてください。

2時~4時半、参加できる方はクロッキーだけでもどうぞ。
# by sagan-t | 2010-11-10 20:04 | 今週のアトリエ

ゲッスイトリエンナーレ

準備期間から会員の盛り上がりを垣間見ていた、ゲッスイトリエンナーレです。祝開催。
沢山の参加人数、作品数ですが、七つの個展とグループ展が綺麗な会場・展示構成で互いに引き立てあうような見やすい素敵な会場になっていました。参考になるアトリエ展のあり方で、さす講師の企画力を感じました。
f0115769_20403227.jpg
f0115769_204049100.jpg
f0115769_2041635.jpg
f0115769_20415095.jpg
f0115769_20441717.jpg講師の絵日記。ほぼ365日分ちゃんとあるらし。
# by sagan-t | 2010-11-09 21:12 | イベントなど

昼クラス 新会員のご紹介

10月から昼クラスにご参加のmatumotoさんです。
アトリエで初めての油彩画ですが、ナンだか色の調子も絵具の載せ方もいい感じなのでほとんど何もいわないうち、おっとりと出来上がってしまいました。
独特の色彩の調子が良く表現されていると思います。
デッサンで見ることの確認をするという格別の機会を作らないまま、まず油彩を触る経験から入りましたが、色彩感覚のバランスのよいmatumotoさんです。
のびのび楽しみつつ、核をもっていただけるよう考えていきたいと思っています。
f0115769_4595447.jpg

f0115769_502370.jpg

# by sagan-t | 2010-11-07 05:13 | 絵画教室アトリエサガン

色を感じる

f0115769_9203263.jpg
まず、光のありようを見つけて画面を調整しようとモノクロで調子を見ていって、、沢山の色を押さえてしまったらかえって色彩を自由に感じられるかな・・
途中でやや逆行気味なことに途中で気が付いて、少し光の意味が見えてきたかな、、
どのような形で仕上げていこうか、、考え考え進めています。

f0115769_9204623.jpg










f0115769_9205976.jpg











f0115769_921135.jpg詳細後ほど、続く
# by sagan-t | 2010-10-30 09:56 | 会員作品批評

simada氏の取材

昼クラス重鎮simada氏の近作4点です。
旅先に取材した風景をパステルで着々と仕上げておられます。
優等生的に清潔な作品は、お人柄か、その反映が素敵です
山の空の抜け方、広がり気持ちよく仕上がりました。
木々をもう少し具体的に、緻密に描写したい気持ちがおありのようですが、近景、遠景の強弱など
表現のための<我>を出されても良いのかもしれませんね。

様々な風景の取材も楽しいし、都内の展覧会も熱心にお出かけされ、感想を寄せてくださいます。
転載させていただきます。

f0115769_8222347.jpg
f0115769_8224224.jpg
f0115769_8231918.jpg
f0115769_8233841.jpg


simada氏の展覧会レポート

昨日 山種美術館の「日本画と洋画のはざまで」展を

鑑賞してきました。大変素敵な企画展でした。

明治の日本人画家が新しい西欧絵画から「学び取ろうとする姿勢や心意気」

等が伝わってくるような気分になりました。

明治の日本人には絵画の世界でも絶えず国の発展に資するという心が

基本にあったのでしょうか。つい今の政治家と比較したくなりました。

「日本画と洋画の交錯」というコーナーで 古径の油彩の静物画 

梅原龍三郎の岩絵具による「北京秋天」 劉生の墨画淡彩の果物図

などに取分け興味を魅かれました。

それと御舟は何時観ても素晴らしいですね。

鑑賞後の印象は 「何時の時代でも また何事によらず 志が一番大切」と

ことを改めて感じたことです。


視る力が描く力ですものね。
取材有難うございました。
# by sagan-t | 2010-10-29 08:45 | 会員作品批評

先月の体験レッスンにて

f0115769_19352780.jpg先月に体験レッスンに申し込みいただいた方の、2時間の成果。
ごく基本的な<描くための立体の見方>をりんごの単体を置いて話するのはいつもの通りです。
日常的のモノの認知から、絵を描くためにどのようなことを意識していくのか、、観る、認識する、考え方をまず整理することから始めています。2時間程度ですが、その成果は・・よし!今回はは上手く説明できたらしいと、一安心、、
f0115769_19382746.jpg

初めてのデッサン、良いじゃない。必要な情報は上手く受け取っていただけたようです。
りんごの奥の面の回り込みの認識など上手く見ているので、空間を伴って成立していると思います。
日常の筆記用具の鉛筆ですが、画材としての鉛筆の使い方も丁寧に考え描いていることが見て取れます。
まずコンナ単純な立体を見ること、描くことから始めましたが、アトリエで柄を描く時間を楽しんでいただけたかしら。どうでしょう。
# by sagan-t | 2010-10-20 20:57 | 無料体験受付中!

mikamiサンのトルコ旅行

ようやく爽やかな秋の気分。行楽、お出かけ日和のこの頃かな。
会員諸氏も、海外でリフレッシュされるむき多々。
10月にはいるとゆるゆる欝に向かう、眠り猫状態のsagan-t 。三上さんから戴いたトルコレポート、皆さんと楽しみたく、無断転載ご容赦。
アトリエ会員作品も着々仕上がりつつあり、頑張ってupしていきたいと思っておりますが。。
では、猫画像付きmikamiレポートを楽しんでください。

f0115769_2246487.jpg
トルコは交通事情が悪いので、なかなかフリーでは、あちこち行けないみたいなので、今回、初めてのツアーでした。
成田からトルコ航空の直行便で、12時間。
8日間の旅。

国内のガイドさんは33歳のアリさん
元教師で、東のイラン国境近くクルド人(キュルドと発音してました)の住む地方に転勤になり、テロも怖く、トルコ語も通じない地方なので、退職。
次に、山登りの好きなフランス人達のガイドをしたのですが
フランス人はケチで、物々交換するが、お金を払ってくれないので。
こんどは、トルコに3箇所ある、日本語を教える大学に行き、難しい観光省のガイドの試験を通って、日本語のガイドになったそうです。

トルコは99%がイスラム教ですが、他の国と比べると、ゆるーいそうです。

今回は観光盛り沢山で自由時間がなく、
証券取引所見学など全くできませんでした。

数年前にデノミが あり ゼロが多かった紙幣がなくなり
現在 1 トルコリラ が 約60円です。
    1ユーロが 約 2 トルコリラ
1年に90%も物価が上がっていたそうですが、いまはインフレは、おさまったそうです。


f0115769_22435579.jpg
ベルガマ アクロポリスの猫

アレキサンダー大王がなくなったあと
このあたりはギリシャが支配したので

ギリシャ風 円柱が 沢山残っている アクロポリス

野良猫 野良犬が います。
# by sagan-t | 2010-10-11 23:07 | イベントなど

国立新美術館にて

f0115769_351825.jpg
9月5日
 彫刻ギャラリートークにて
やっと美術館が休みの火曜日 詳細の後ほど 







f0115769_36895.jpg
f0115769_362897.jpg
f0115769_364311.jpg

# by sagan-t | 2010-09-07 03:24 | イベントなど

itou氏再度 進行中 

7月1日
f0115769_6101216.jpg
7月15日
f0115769_6121155.jpg

7月22日
f0115769_6132490.jpg

再度同じモティーフの設定で、itou氏新作進行中。
モティーフを変える、考えるのは、対象の変化の興味ではなく、環境の変化だと言うことですよね。
敢えて同じ対象でもう一度、自分の観ているものを改める、その制作で判るもの、繰り返しにならないものは大事だよね。。

描き出しの、印象をグイグイ置いていく、この鮮度は魅力的です。
より深めていこうとする過程と、開放されていこうとする気持ちの成立、成果をどのように獲得するか、、
描き出しの自由な気持ちを画面に回復する、その葛藤を考える。
鮮度のある認識を如何に保ち、回復し、造形するか、、実はソコに色々な考え方が試行されるのじゃないか。

進行を追って、又。

今年の猛暑にアトリエのエアコンも2台フル稼働でなければしのげない。
今週から古いエアコンも復活したので、各位、今週は大丈夫。
夫婦で夏風邪のitou家、美味しいもの食べて体力温存で治されたし。
# by sagan-t | 2010-07-26 06:54 | 今週のアトリエ

番外編 toyama氏 半世紀前の作品 

f0115769_183040.jpg

f0115769_1735100.jpg



f0115769_5361592.jpg
梅雨もあけ夏本番、日盛りの日曜。
恵比寿の閑静なtoyama邸から、運び出した作品約90点をアトリエで撮影して、データ化する作業をしました。
50前に絵筆を執り始め、現在93歳となられた今もアトリエで、家でと制作をされている、saitoクラス重鎮、サガン長老会員のtoyama氏の半世紀に及ぶ作品を記録する、小プロジェクトです。

合間に急いで撮った画像はボケましたが、決然と力がある初期の30号作品です。
ある時代の骨組みを感じ、モダンでもあり、迫力があります。

絵を描くこと、描き続けることを考える機会です。
今描いている作品一点が上手くいったいかないではなく、持続していく、つながりを持った線であり面の活動として認識されていることで、次の作品、未来の時間の進展を考えることもあるでしょう。

まだ制作進行形のtoyama氏。
この撮影データの中から又選択し、小さな作品集でその軌跡を残していこうという計画です。
私家版作品集の、出来上がるのはまだ先ですが。。。お楽しみに。
# by sagan-t | 2010-07-19 01:39 | 絵画教室アトリエサガン

ココまで→完成。itou氏

f0115769_6141338.jpg
7月1日
f0115769_6165736.jpg
6月24日
f0115769_6171578.jpg
5月20日
f0115769_6174730.jpg
4月29日
f0115769_618795.jpg
3月25日

一枚の作品の制作に取り組んだ時間、、やはりこうしてみると感心します。
判りたい、、という気持ちの持続はやはり独自のものがあって、本人はさしたる解決を得ないままのような浮かない顔で描き続けるのですが、この時間の誠意というのは意識されているものではないのだろう。
itou 氏の独自性であると思います。
小品ですが、力のある作品になっていると思います。

描きだしの動きのある画面もとても魅力的ですが、自分が確認したいという時間を重ねていくのも、やはり大事な態度でしょう。
<描く>という時間の意味を考えさせます。
いずれにせよ、私は支持します。
# by sagan-t | 2010-07-07 06:42 | 今週のアトリエ

広告が入ってる、、、

f0115769_1635483.jpg

exciteブログの文末に勝手に広告がはいるようになった。。。
管理者となんら関係ない広告いやな感じだが、それを嫌って
ブログを引っ越する人も多いよう。とりあえず当面ムシすることにして、、、様子を見ますが。
ご報告。

ついでに、個人広告。
我が家の例の、、保護2ヶ月半の子猫たち3匹ご紹介。
左の♀、右の真っ黒仔♂ 在庫中。
まっ黒仔は一回り体ががっしり、慎重で大人しい、、かっこいい大猫になりそうですが、おうち募集中。
クロネコは絵にはなるが、写真は上手く取れない、です。


余談:先日動物病院で、11kgのどっでっかーい猫が診察されていた、、
    虎の子供どころか、中型犬。。診察台からはみ出ながら唸っていた。。
    怖・可愛かった。。
    
# by sagan-t | 2010-07-03 16:53 | 伝言板 

制作プロセス→完


f0115769_15552570.jpg
 制作プロセスを検証して、今週は一応の完成としました。
鮮やかな色の布に気持ちをのせていったスタートから、描きついで、、、ガラスの器が解決できず、、布の量に悩んで、、模様を気にして物の関わりを少し見落として、、モチーフを置いた気持ちに素朴に戻ることにして、、兎に角、ココで一応の完成としました。7月1日


f0115769_0201443.jpgf0115769_0202777.jpg











f0115769_0204638.jpgf0115769_0205917.jpg












3月~6月 itiu yさん ジグザグ、螺旋状に少しずつ変化していきます。
描き進んだ状態は、それ以前の調子の上に載ってしまいますから、良い効果になったか比較して判断はしにくいですが、こうして過程を並べてみると、又どう進めるか考えてみる参考になるでしょうか。
毎週描き終わったら各自、画像を私のカメラで抑えてください。
仕上がり以外でも、折々にとっているつもりですが、もっとプロセスを記録してみましょう。
ご協力を。

お知らせ:
携帯が雨の日に、水濡れで壊れました。データも取り出せず(ショック!)買い替え、乗り換えをしました。
携帯番号は変らずですが
アドレスが変りました。@マークまで以前のまま、@以下がezweb.ne.jp に変りました。
データを失いましたのでメンバー各位の番号 アドレスが大半判らなくなりましたので、携帯電話番      号メールで入れてくださいませ。宜しく。
# by sagan-t | 2010-07-02 16:29 | 今週のアトリエ

果実 泳ぐ→完

f0115769_2444241.jpg
f0115769_2445345.jpg
f0115769_245842.jpg

皿の果実も、机の布も、背後のサカナも、面白い。
面白さの加減が、面白い。
imaiワールド 進行中

f0115769_16165390.jpg
トロピカルな背景は平面、
皿の果物は立体、その調整がありましたが、画面密度が均一に丁寧なimaiさん、、コンナ感じで今週仕上がり、としました。果実のある布、、どこかで、、、と思ったら、オキーフふうでもあった。。
リアルの意味は、個人のフィルーターに変質する。。。。いいと思います。
# by sagan-t | 2010-07-01 16:27 | 今週のアトリエ

チョイ ハードルあげて

f0115769_3203829.jpg
f0115769_3204895.jpg



sanoさんアトリエ2作目。
一寸身体で絵の具に関わって、楽しんでもらおうかと画面を大きくしてみました。
モチーフ設定、構成に目標を絞る苦心をしながら、デッサンでバランスを確認する手順も踏んで、油彩にかかりました。
デッサンを見ていると、美校受験の勉強をしただけあって、デリケートな調子を使って描いています。
それか、骨格か表層か、油彩の過程で色々出てくるかも、、としても、自分の表現の確認ための時間を楽しんで行くつもりで進めたらどうでしょう。
ゆっくり、、、見てるよ。
# by sagan-t | 2010-06-16 03:34 | 今週のアトリエ

そういえば、今頃ですが。。。

f0115769_7225290.jpgf0115769_7231254.jpg








f0115769_7234456.jpg





5月13日~5月18日に開催されていた柴村純一展にて。

出不精なsagan-tも油彩での展開に興味があった柴村講師個展とあって、夜クラス常連数名と連れだって何とかたどり着けました。
ちょっとした異空間の中野ブロードウェイの閉塞感に身構えつつ、小さな画廊に一足入れば、その清冽な柴作品空間に一同、ホッとして、ハッとして、それぞにに引きこまれてしばしの様子。
作家柴村氏にも多々話を伺えて、制作、作品、作家の神経、etc アトリエデ描くだけではない新鮮な刺激、収穫のあった顔つき。
作品画像を抑えてなくてごめんないですが、画面の前に立たないと伝わらない作品空間と思うから、敢えて。

多様な作品を観る、知る、ということもこうして体験として共有しなから確認すると、よりはっきり画像を結んでくることがあるかもしれません。
なるべく、連れ立って、展覧会も出かけてみる機会を持ちたいと思います。
作品鑑賞はその場、その時間の限りに終わるのではなく、個々の感性と時間のフィルターを経て濾過されたナニカの有無、そうした蓄積が少しづつ意識に残ればよいと思えます。
描くこと、観ること、同じように。
# by sagan-t | 2010-06-15 08:25 | イベントなど

歓迎とご紹介 nakayama氏 第一作目

f0115769_16385828.jpg
f0115769_16393198.jpg






昼クラス5月からの新会員nakayama氏、初めての油絵を製作中。

体験レッスンで、描くためのものの見方をざっとお話してあるだけですが、
油彩で基本的なデッサンの意識を含んでで早速に描きはじめて頂きました。
どうでしょう。タフな画材・油絵の具の表現力が多様であることを実感しながら、基本形体を見ていく、、
問題が広がってしまうのですが、健闘中。
格別絵画的に素敵という対象ではない、基本的な愛想なしモチーフ、難しいよね。
そこでゆっくり確認していただければ宜しいのですが、形体・ボリューム、光・色彩が絡んで、てこずるけれど、まず感触ね。
当方も得意の、話のブレと広がりを修正しつつ、一寸新鮮に。

ガーデニングのご趣味と、リンクする描く楽しさが我が物となります様に。
# by sagan-t | 2010-06-14 17:35 | 絵画教室アトリエサガン

堅牢な画面へ

f0115769_030686.jpg
itou氏、展覧会発表の刺激・余韻のあるなかで取り掛かった新作、すでに気分は日常フラットだが、想いを内に継続は力なり。と。。
テーブル面にポスターをおき、平面を動かそうと画面構成に工夫を持ち込んでみました。
まだ未消化で何回か動かして、ありようを探しています。
堅牢な画面を創っていく落ち着きが気持ちよく、結構だと見ていますが、本人の気持ちがなぜか、いつもどうりというか、常に懐疑的。
時間を濃くする、それで良いって。


オルセー美術館展2010-ポスト印象派
リンク貼りました。
# by sagan-t | 2010-05-12 00:39 | 今週のアトリエ

新メンバー 新作

f0115769_2523857.jpg

夜クラス新メンバーsanoさん8号作品。
絵の具は使えてます。画面に積極的に絵の具で関わっていく経験がすでにあります。
ボリュームと空間の関わりを、どのよう見出してもらいましょうか。
水彩のような透明感のある調子に見えますが、積極的に載せた絵の具に、透明な色彩を絡めるています。
アトリエでの1枚目の作品で、現在地をお互いに知りたいということで、始めてもらったものです。。。


キャンバスの矩形の空間にもうひとつの矩形、小さい額縁を背後において、構成を考えてみましたが、コレが構図上の位置関係や、空間の関わりや形体や厚みの解釈のネックになり、収集に苦戦しています。
そうした状況を横目に、絵の具で、苦戦できる、戦える積極性の可能は、楽しみななところです。
キャンバスサイズを大きくしてー空間を大きくして、描いてみて、課題を浮かび上がらせられたらとも考えています。

薄く、厚く変化をもった絵の具の調子や、バランスの良い色感など、新しい風をもたらす新メンバーに、クラスも、一寸刺激的です。
アトリエの、マッタリしつつ集中するささやかな時間に、なじんでくださったように思えるのですが、状況に合わせて、息長く描いていく時間を形成していただけたらと願います。

途中経過.初登場だが、エプロンの貫禄に注目だね。
f0115769_2544216.jpg
# by sagan-t | 2010-05-11 04:48 | 今週のアトリエ

おまけ余話


f0115769_16204492.jpg
くるくるサイトを遊んでいて、こんなページを見つけました。
パリから数キロのミりー・ラ・フォレ、コクトー終焉の地に、小さな元ライ病院を監修し壁画を描き、自らの眠る聖堂があります。
ミリー・ラ・フォレという地名の響きも忘れかね、懐かしく思い出したこと。。。
元病院の、沢山の薬草・ハーブの畑の庭、背の高い植物を見上げるコクトーの壁画の猫、壁画以外の装飾のない聖堂の片隅に、ガラスケースに入ったたコクトーの細長い筋張った右手(カット)、小さいクッションの上でペンを握っていたっけ?モニュメントの内部に立って、眠るコクトーの胸の上に立って、何かの気配に耳をそばだてた時間。
いくつもの記憶のコラージュ、コクトー的イメージの25年前の一日を想い出して。

ジャンコクトーの自宅公開 ココ、クリックね。
# by sagan-t | 2010-05-10 00:57 | 絵画教室アトリエサガン

在りかた

f0115769_23331339.jpg
f0115769_23333098.jpg
f0115769_23352733.jpg



つつじの華やかな色彩が輝き、いきなり初夏を思う連休日よりです。
ゴールデンウィーク最中、各位、爽やかな季節の中で充電中でしょうか。
そんな日に、クラスの自主制作、入選作品の確認に新国立美術館の国展に出かけましたご報告。

さて、お目当ての作品は、、、
妙に形象の暗示などない、途中経過のほうが良かったかなと思うが、作者の主体的判断を受け止めます。
次につなぐ、という意味はいつも、、

詳細は、アトリエにて
# by sagan-t | 2010-05-04 00:17 | 今週のアトリエ

光のありかた

f0115769_184471.jpg
昼クラスkasaiさん10fの新作。3週目。モノに関わる光を意識していると思うのですが、モノ個々を意識している時と、光を見ていこうとすることが少しばらばらな気持ちになるかしら。光の流れが局所的で、流れがもう少しスムーズの整理されたら良いかと思いますが、kasaiさんは自分でゆっくり少し気づいていく方なので、まだ整理したり気が付いていくことはこれからかと思って拝見しています。
ボリュームと空間の位置関係を整理すると、判ってくるところがあるかしら。
光を受けた面、回り込み、さえぎられ拡散し集約する、光は色でもあるよね。
不思議な空間を持った画面ですが、アトリエのコーナー、ある一隅といった空間とモノの構成をもう少し意識して、次回整理してみましょう。
# by sagan-t | 2010-04-13 01:28 | 今週のアトリエ

桜です

4月第一週のアトリエは休講でしたが、桜の花見ごろの週です。
静岡三島神社の見事な桜。日本画の巨匠の作品が頭をよぎる。
ソメイヨシノの多い東京の桜ですが、深い緑のコケを幹にまとった見事な古木は、一本で存在感が深い。
花を見に行く、樹の下に立つ、花の下の空間に佇む。敢えてソコにかかわる非日常の時間に身をおくということ、絵を描く時間もそんな風なのかな。。
f0115769_671535.jpg
f0115769_653934.jpg
f0115769_5565159.jpg


今週よりカレンダーどうりのスケジュールで、アトリエで制作継続へ。
# by sagan-t | 2010-04-04 06:21 | 今週のアトリエ



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28