アトリエサガン木曜クラス

銀座にて 個展釣り込み

f0115769_2236894.jpgf0115769_22362381.jpg








f0115769_22364076.jpg


ずいぶん古い付き合いになるOBの平kさん、初めての個展、そりゃ会場構成の手伝いに行かなきゃなるまい。100号作品の自主制作を継続し、制作を自身のものとしてアトリエを離れましたが、永い付き合いです。初めてずくしで、作品の内容、構成、展示何かと不安に思っていたようですが、なかなか気持ちよい会場だと思います。主体的な自己の表現として<作品>を創って行くところでは、自己と向き合う時間の濃度といったものが根底に反映されると感じます。かたくなさや、乱暴な処理や、勘違いでぶれないこと、、個人的志向に過ぎないかもしれないけれど、私は大事な要素と思っている。作品にまだ問題がないわけじゃない、、でもそれは可能性が在ること、解決し展開できるじゃない。アトリエでは観ること、関わることの基本姿勢の方向を確認しているという現場ですが、それは自分の思いや希望を開放する基礎体力と考えています。
自分で一生懸命考えてきた清々しさがある個展、良かったら寄ってあげて下さい。
仲間がいることも、場所があることも、アドバイスが受けられることも大事だけれど、結局は一人で描く、ということのために。

f0115769_2237243.jpgもひとつおまけに、おなじみ島田センセーの木彫猫尽くし小品展、20センチくらいの雲猫、楽しかったよー

平川洋子展 5月19日~24日 銀座6-4-8 曾根ビル3F 中和ギャラリー
(sai先生が昔2回位個展したことがあるらし。小さな洒落た抽象系ギャラリー、オーナーが、、ね?)

島田紘一呂木彫展  風月堂tea roomの3F  一枚の絵ギャラリー
# by sagan-t | 2008-05-18 00:21 | イベントなど

ヒラメ 三態

f0115769_23295442.jpgoka-yさんのSMの小品、描きすぎて少々方向を見失っときもあったが、纏めはこんな感じになりました。皿とグレーの関係もう少し、ほんの少し手直しの余地あるかな。終盤に何を観ていくかが緩んで対象のモノに付きすぎて、そこだけ詳しく見て説明する、という要素にいってしまうと、、違うかな。見極めて削いでいくような作業に繋がるといいな、、もののディティールはたしかに興味深いけれど、その文脈の表現は又別のもの、、

このヒラメ、冷凍庫から引っ張り出されて、解けたり凍ったりの数ヶ月、、色も変わるわなぁ。
痩せてくたびれた様子に変わり果ててもいた、、し。ね。
参照 4月のヒラメ                       先週のヒラメ
f0115769_052834.jpgf0115769_054428.jpg
# by sagan-t | 2008-05-17 00:23 | 今週のアトリエ

明日 クラスでね


f0115769_2344847.gifご多忙氏ue-Mさん少し以前の作品。これは色が光の調子として、それなりに説得できるのですが、今回の製作中の皿がなかなかまとまらないのは、青、白、黄色、赤とそれぞれモティーフの鮮やかな色と、青系のバックがかえってバラケて見えるかな。生かす色を絞り込んで、台は調子の変化に置き換えた無彩色で纏めるくらいに整理してみたら?という明日の処方箋は如何でしょう?
じゃ、皆さん アトリエでね
# by sagan-t | 2008-05-14 23:47 | 今週のアトリエ

美術館にて

f0115769_049318.jpgアトリエでは画材の効果、構成など、自主制作に繋がる提案をしてきたつもりですが、自宅で主体的に自主制作した作品を公募展に出品したセシルさん。130号が入選しました。まだ主体的な自立的内容には遠い処もありますが作品にしていくことには慣れてきたかもしれません。。挑戦する気持ちはあえて否定しませんが、入落は個人の問題でアトリエで目的にするところではありません。制作環境をどこにおくか、制作のサイクルとモチベーションに公募展出品を目指す人は多くいますが、この賛否と別に、絵を描くということ、表すということ、主体的な手段と視点を見出す道程、そこにおいて関わっているつもりです。こうした基本の姿勢がぶれたと感じたら、自分の製作現場を確立すべく、卒業していただきます。皆さんは、こうした公募展、美術団体展では、この人なに考えてるのかな、、、と、突き放して鑑賞すればよし。伝わるもの伝わらないもの、作画方法、、、発表することの責任をとっていく姿勢でなければ何回出しても、それだけのこと。どんどん難しくなるのが当たり前だから、どんどん一人になっていきましょう。セシルさん、今回ここで収集した課題は改めて仕切りなおして、失敗して<も自分のもの>実感を持てる方向へ。ちゃんと視てはいますからね。

そして、会場で遭遇した昼クラスOB幸N夫人、どうぞアトリエに遊びに来てくださいね。
# by sagan-t | 2008-05-12 02:01 | イベントなど

今週の注目

f0115769_40758.jpg
しっかりと、見直し、確認を繰り返しゆっくりここまでつめてきた、kasa さん作品。追求型で実際は画像より密度があります。少し苦手な?原色系のモティフを並べ納得いくまで製作中、、試行錯誤の過程がなかなか大変そうなときもありましたが、結局自力で少しずつ切り抜けてここまで進めてきました。後半まだ緊張は途切れていない、と期待しています。モノ浮き注意、パイ皿の立ち上がりの面、接地面の光(色)を調整していきましょうか。
タチの良い時間が感じられて、真摯さが好ましく注目しています。。
# by sagan-t | 2008-05-09 04:32 | 今週のアトリエ

今週の昼クラス

淡々と制作を楽しむoz氏、旧作改造中。同窓生グループ展<八雲展>出品作を仕上げて、今日から取り掛かりましたが、この面白い効果の維持、展開がかえって難しいなぁー

f0115769_345119.jpg

5月15日 今週のOZ氏  鳥たちはを邪魔しないように、葉っぱの形リズムは整理要。鳥の抑揚、調子は結構綺麗にもっていけました。。<綺麗な色>の解釈はあくまで関係性の中にあります。次週はブルーの量と質を見直しながら。
f0115769_1473933.jpg

# by sagan-t | 2008-05-09 03:59 | 今週のアトリエ

連休明け

追記9日
先々回のoka-y魚 色あるけどなぁf0115769_1430458.jpgf0115769_14302084.jpg →  5月8日の魚 色入れたけど、、ビミョーかな、









会員各位それぞれ自分の制作の手順や、考え方に気づいたり、講師ともどもにアトリエの作業を捉えなおす場になりツツある木曜ブログであります。結構大事な案件がいくつも出てきたような気がして、連休中は一寸煮詰まってましたがやっと更新できました。
コトをややこしくする傾向の私に、コトをややこしくする発言をする傾向のI藤氏の<写実>の言葉にしばらく引っかかってしまったからかも。<自然>と<創作>の距離感をキーワードに、ソラマメ食べたoka-yさんのコメントととあわせて、考えてみました。
I-fさん、Ue-mさん、「主観」と「モティーフ」と「画面」の往復の問題も、絡めたつもりだがアトリエで整理しようね。
一方通行ではなく、それぞれの作品関連コメントを貰うことで、気が付いたことことが多々あります。ランダムなそれらに、関連と流れでコメント欄に返すことになります。時系列が必ずしも一定の方向ではないところも、ま、絵画制作のようでいいか。言葉足らずは、アトリエ現場で。
一方通行ではなく双方向コミュニケーションですので、会員間の作品上の質疑応答あるといいよね。
# by sagan-t | 2008-05-07 05:16 | 今週のアトリエ

今週の気になる経過


ue-mさんの経過 f0115769_2218324.gif     5月8日         

構成の狙い、かたち、光、色ともやや散漫になったかな、と、花の色を変えて模索中。後半の画面収拾にいつもキメを欠いて苦労するが、本来おおらかな、一寸良いフォルム持っている。光の質と量、色彩の混乱例が散見されるのは、当方の誘導ミスがあったか。変わり玉のように色をに変えてるが、光としての色に結びついていないかもしれませんね。処方箋・・色の彩度と明度についてアトリエで。。    
            f0115769_2230265.gif      先週                               4月                         f0115769_2227559.gif






                                                                                                             
          
# by sagan-t | 2008-05-03 02:17 | 今週のアトリエ

今週の完成作

f0115769_1623347.gifじっくり対象と向き合って、光とかかわってきた時間をつめ、今週自ら完成とした。制作はエンドレスのようでもあり釈然としないことが多かったようだが、画面が足すも引くも一杯かな、、という感触。。それで、いいと思う。キャンバスを変えて未だ取り組めるという、洋ナシシリーズ2作目。その方向や、よし。


追記 ごめん 間違えて削除編集してしまって、記事だけ書き直したが、コメントは飛んじゃった、、、ものを見て描くこと、のやり取りいくつか、結構面白かったのに、 14日
# by sagan-t | 2008-05-02 15:59 | 今週のアトリエ

今週の完成作 1

f0115769_1633595.gifゆっくり描き進めたM輪氏も今週で上がり、次回作に取り掛かった。1枚ごとに漠然とした要素は整理、確認され、独特の空間と時間が出てきた。モティーフの不安定な配置は、平面と光の関係を際立たているよね。立体の光も見ていかないと空間が成り立たないので結構緻密に進めている。カップの中の光は確認したら明暗が逆だったので修正しおさまった。。観念的に解釈することなく、意識を持って、見ているつもりのものをじっくり再確認する手段、賛成です。今回暗い下地から光を追っていったが、効果が出たと思う。光としての色の選択、効果を上手く獲得してゆければ、と、画材、マティエルのことなども考えていきます。緊張感の在る物の配置を、とか考える方向はいろいろあるが、、良くわかんないおっとり感も捨て難いぞ、M輪氏。    14日追記
# by sagan-t | 2008-05-01 23:30 | 今週のアトリエ

oka-yさんのサムホール

f0115769_17585562.gif

いくらサムホールといっても、画像を小さくしすぎました。。
切手かい!?明日にでも編集しなおします。

クロムグリンのさや、ふかふか布団にくるまれたソラマメをキッチンで見ながら、次のoka-yさんの小品のモティーフにいいかな、、あ、セシルさんから最近聞いた簡単クッキング、、ソラマメさや入りそのマンマをレンジにならべ(皿も置かずに)チン2分。さや布団に蒸されて茹でソラが超簡単・・結構です。ちょっと嵌っているものですから、お絵かきにあまりにも関係ないまま。
# by sagan-t | 2008-04-29 18:14 | 今週のアトリエ

今週のご報告

セシルさん、自宅で自主制作の130号 公募展クリヤ
f0115769_342274.gifこんぐらっちゅれいしょん。by neko-saitoー
# by sagan-t | 2008-04-25 03:19 | 今週のアトリエ

サガンHPとリンクしました!

ついに、、というか、、サガンHP準備中の看板のみの淋しい木曜クラス案内に、当ブログ <入り口>掲載。木曜クラス活動案内とりあえず版がオープンになっております。ご報告まで。。
いささかのんきな緩クラスではあるが、制作は真摯、誠実な、、見ていただきましょ。

最新更新記事だけではなく、コメントでのやりとりも時折読み返してみてください。
折々に読み返して、気づいたことなど追加、修正返信しています。
作品制作も行きつ戻りつ、時間の集積と、軌跡において、理解を希求する志を大事に思って。
# by sagan-t | 2008-04-22 00:38 | 絵画教室アトリエサガン

立ち上がる、、

 光の扱いを注意深く考えながらゆっくり製作を進める、M輪氏作品2例、
独特の空間感があります。
f0115769_417082.gif

f0115769_4171274.gif


ご報告、、ついに画像トリミングとサイズ調整したが、、この大きさは見易いよね?
小さすぎたのもある。。が、 習うより慣れろ中 絵の具もかな。。
# by sagan-t | 2008-04-20 04:29 | 会員作品批評

立たず、、、→すっきり、すっくり


5月15日 
ずいぶん整理されてきました。これまでの作品は結構奔放な、個性の強い面白い作品になることが多いのですが、これは一応直感封印。センスや個性で、「一寸面白いなぁ」という魅力を当てにするだけでは、コケルとつらい。これはリメイク作品なので、見ることの基本に立ち返って<状況の成り立ち>の根拠を確認し、そのうえで個性を磨け!ということで、、更に、もう一寸進めますよね。好きだったベンシャーンの画集の表現が生きたと思います。
f0115769_2152170.jpg


4月18日
先週は明治通りの枝垂れ桜にホッコリしていたと思ったら、寒っ!終日の雨、閉じこもり。
で、昼クラスM上さん、大手術中。平面の表情は魅力的ですが立体の見方を整理要です。
上から見下ろす、、立体は平面と接している面の光の回り込みなど、ちゃんと意識していかないと、張り付いてしまいます。立体の面と光、混乱しがちな点、参考例として、、
f0115769_2065383.jpg

今週の反省 (講師モノローグ)
色派の多い?クラス傾向、、その割りに、色も輝かないんだよね~ナカナカ。
光と空間の関係にもっと緊張感をもっていただかないとイカンな、、
# by sagan-t | 2008-04-18 20:33 | 今週のアトリエ

ガラス瓶の中に

もっぱらI藤家、投稿御礼。
ですから、i-fille夫人作品。毎回結構変化するので興味深い。。。縞模様の方向について本日意見を言いましたが、、、難しい~と思ってみていて、あれ?と思いつつ、う~んこれもありかなぁ、と思ってしまうほど魅力的な色の関係もあって、、画面の強弱、モノの前後の調子の変化とか、少し落ち着いて私も次回まで検討。ゆっくり取り組んでいきまっしょ。
例えば製作の過程を辿って、何を考えてきたかの軸をとうして整理してみる頃かな。
忙しいと、その日そのときの反応で途切れがちな思考のモザイクになってしまう。。か
色彩のラビリンズ、、結構好きだけど
f0115769_4591135.gif



透明なビンの中の
果実、昼、夜アレンジして共通のモティフのk井さん、i-fulleさん
2作品、、どう?
# by sagan-t | 2008-04-18 05:45 | 会員作品批評

今週のアトリエ 

昼クラスK井さん今週の制作、、楕円のテーブルを大胆に構成に生かしたい意図でモティフを意識して始めたが、テーブルの形態と平面性の確保で苦心しているうちに当初の意図が維持できなくなった、、、かな?テーブル面の大きさを今一度考えては?k井さんのモダンな色感、一寸惹かれるところです。まだ先は長いよ、楽しみですね。。。
f0115769_3375015.jpg
# by sagan-t | 2008-04-18 05:09 | 今週のアトリエ

07年夏の美術展鑑賞画像アップ

別のコミュニティのアルバムに、昨夏の団体展集合画像載せておきました。。が
このアルバムも使えてなくて、ファイルのところやフォトアルバムやら、色々開けてて探していただかなくてはなりません。。何せたどたどしく奮闘中で、、そもそもこのコミュニティにたどり着くの難しいか?
今一度
http://groups.msn.com/sagan-t-nomu
あちこちはぐっていただければ、出てきます、可愛いのが。こんなの。
f0115769_0395679.jpg

# by sagan-t | 2008-04-15 00:41 | イベントなど

往復書簡か~

もっぱらI氏間往復書簡の体ですが、、ええ、無論、時間の枠を超えて、木曜に集う諸氏の制作のさまざまな状況を共通の話題にしたい意図ですから、昼、夜作品取り上げますよ。。
同じクラスでも、他の人の制作はなかなかじっくり観ないで流れてしまうしね、、携帯でその日の制作を撮影して帰る人も多いようだけれど、次のアトリエでの制作までに見直したりしてるの?
当方のカメラ常に持っていますから、画材しまう前に自分の作品の制作過程から積極的に押さえてください。ぼんやり講師は、店じまいでばたばたして、ネタがたまらないことになるので協力してくださいませ。
過去作品の画像整理をして、、、あ、このブログの存在がまだ浸透しておりません、、サガンHPとリンクしての話でございます。未だ試運転中の気安さで、、

本日は、いよいよ嫁に行くK本エミールさん、3作品以前か、一寸懐かしい金魚f0115769_521391.gif
モティーフと作画意図が上手くかみ合うと、この集中力と密度は使えるのですが。
モティーフの問題は、モノの再現性に腐心するばかりではなく、そのありようの設定、装置の構成をうんと意識していくと、クリアな不思議感が出そう..葉の茎はもう少しリズムを考えて増やせますね、空間がフラットにならないように。バックはものを描いた余白ではないから、装飾性を含めて、考えてゆく課題、講師も。もうひとつ気になるのが画面の中で、大きい面積のかたちと色を持つモンステラの葉っぱですが、若い葉のときは穴がないハート型で大きくなるとサイドが切れて濃いい緑にに変化していきます。これは大きな年取った葉っぱで複雑なようですが、現象的にどんなに複雑な形体でも、造形的な基本をまず認識してよう意識すると、形体の意味が見えるかな。。。まず目の前の情報に振り回されないで、集中力を、造形的な本質、単純で強いあり方を見つけられるよう、、、やはり<何を観るか>を整理するということになるかな。。。
水平面の台のハレーションは、当方撮影ミス。。
しかし偽ぶどうのビニール質感よく出てるよね(笑)
# by sagan-t | 2008-04-15 00:31 | 会員作品批評

有難う

もっぱら標的になっているI藤氏作品、ありがとう。
早速のコメント返信ありがとう。
絵を描く時間を何とかつくって、そこで色々な想いをかたちずけていこうという意思を維持している会員諸氏、もやもや葛藤をたやすく解決する提案などないが、時間の経過の中で<問題の質>がよくなっている、、良いじゃない、それって、、と思う。。。
こうして過去作品、制作中などの画像をあげて検証できるやり取りは、私も継続して考えられるので、有効にしたいところです。

さてI藤氏の<馬>は、今の作品の4,5枚前の作品ですから、その前後の経過もあるのですが、画面の色彩の関係に、より軸足が動き、モチーフの実在感は捨てざるを得ませんでした。その経験が現実の立体、空間、光と離反する色彩の意味や是非で、混乱したかもしれません。
この<馬>ももう少し整理できるけれど、綺麗なところがたくさんあって、得るところはあったはず。
洋ナシも、バックのマティエルを整理する意図ということ、了解です。方法と効果は再考の余地があるが、再三見直すと、やはり描き進めた状態のほうが密度があると思います。常に実在の確認を造形の拠点として、色は光、そこにある全てを信じて進まれたし。何を観るか、、が整理、意識できれば。
続きは、アトリエで

それぞれの作品、人ゴトじゃなく共有できることであります。会員諸氏、投稿頼む。何か言われれば応えられる。放置しないで頂戴ね。
# by sagan-t | 2008-04-12 07:17 | 会員作品批評

もひとつ I藤氏作品

2006年製作途中で掲載した<馬のいる構成>完成画像で比較してください、、、
今考えていこうとしていることと、、違いが判りますか?


f0115769_2355061.jpg

# by sagan-t | 2008-04-11 02:39 | 会員作品批評

I藤氏 本日の制作

本日のお立ち寄りお疲れ様・・f0115769_5135981.giff0115769_5141971.gif
I藤氏 描き出し、終了時 2枚並列してみました。2時間経過。。。の画像
バックをを強く変化させたことで、台の洋ナシの間の光、ホワイトの効果的な光の輝きの印象弱まった様に思いますが。。
いや、やはりしまってきたよね。葉っぱに色をかけたが、、、う~ん

あ、ホワイトのデカチューブ購入ではりきったのにアイボリーホワイトってば、、、         ぬるい象牙白の大容量チューブ。。。切ない気持ちが伝わりました。。
残念チャ残念だったね(少し笑いのうちに、、)

忘れないうちに本日は掲載のみ
取り急ぎ
# by sagan-t | 2008-04-11 02:26 | 会員作品批評

アルバムの場所


情報不足でした。
http://groups.msn.com/sagan-t-nomu

:アトリエ内打ち上げ   2006 12月  未
:二科ツアー        2007 9月   済
:A垣ウエディング披露宴 2007 10月 済

手持ちストック、近々あげて置きます。
# by sagan-t | 2008-04-10 22:08 | イベントなど

木曜クラスのご案内と紹介

渋谷区恵比寿の明治道りに面した、レンガ色のビル5Fが、私たちのサガンのアトリエです。

全く絵の具を触ったことのない初心の方から~展覧会出品を目指す力をつけた方まで、
絵を描く時間と空間を共有する、アトリエサガン木曜のクラスです。

午前、午後、夜間 三部のクラス構成ですが、時間の入れ替えをしないサガン唯一のクラスです。都合の良い時間の調整できます。
仕事で遅くなっても、ゆっくり終了木曜クラスは、、、、描けます。

初心者の方は、、
*絵画表現のための<ものの見方>を考え、組み立てていきます。
デッサンてなんだろう、、、モノのかたちとは 色とは、、漠然と眺めていたものに意識を向けて 立体、 空間、光として捉えてゆきます。
まず、描くための<目>意識について。

*<画材>に積極的な想像力を持って、その多様な表現効果を理解してゆきます。
油彩絵の具は、堅牢でそれ自体に表現力のある豊かな画材です。それだけに使いこなしてゆくことに積極的でなければ難しく、常にタフな追求の喜びとしんどさがあります。
油絵具に限らず、アクリル、パステル、水彩画材それぞれの特性を積極的に使ってゆくことで独自な表現に結び付けてゆきます。
画材の積極的な解釈と経験に誘導し、体質に合った画材と表現みつけて行けるよう進めます。

 絵画表現のための時間と空間を共有する、サガン木曜クラスは、基本をおろそかにすることなく、表現することの奥行きの深さにひるむことなく、再び自由を獲得する志について誠実でありたいと考えます。 
絵を描きながらわきおこる、さまざまな漠然とした想いに具体的な効果を試み、自らの内面と無理なく結びつく制作を目指して、<描く力は観る力>として焦点をあわせてゆきます。


  アトリエサガン木曜クラスは、見学体験レッスンを歓迎しています。
# by sagan-t | 2008-04-09 04:59 | 絵画教室アトリエサガン

HPのために

アトリエサガンhp出遅れ木曜クラスですが、このささやかなページにもつなげられたら、、クラス会員の伝言板に再活用できたらと思うところです。

明治通りのしだれ桜なみに、ある日目のさめるような存在感で主張しようではないか、未生の<うた>のために、内在する<とき>のために。たとえばさ、再生の春を思うのです。。。。
# by sagan-t | 2008-04-09 01:44 | 会員作品批評

コメントありがと

とりあえずって、内向的なブログなれど、反応ありは嬉しいこといじゃ。
I藤君コメント御礼。
<作品はいつ仕上がるか?>刀折れ、矢尽き、弾撃ちつくし、敗色濃い画面に善戦の痕跡ありや無しや?運送屋を待ちツツ、なきツツ、、サインを入れる、、、タイムアップというだけで。。
其のココロは、次回につづく

絵を描くことも、なにやら与太文を書くことも表現する<志>、コミュニケーションの希求においてなるかな、、、

今週〆会 シャンパン ワイン2 在庫あり。
ほどほどでよいのではないか?

コメント返礼。制作2週目。トリミングなしご容赦。参考まで


f0115769_6554165.jpg


  
# by sagan-t | 2006-12-20 06:57 | 会員作品批評

サガンメール配信されました?

木曜クラス各位
メール不着の方はアドレスを事務に確認してください。
メール冒頭分、、この1年分がまとめてHPにアップされ、通して読み返してみると4人4様。
1年があっという間に過ぎまして、来月から野M講師に交代、順番が回ってまいりました。
今年は2,3月寒波、大雪で、凄く寒い冬だったコト思い出した、、、
ついでながら、サガンHPをうろうろ。
T橋マダムの旅行記相変わらず楽しいですよ。
柴M講師のエッセイ<制作に終わりはあるか>I藤君参考になるのではない?
植Mさんのポーラ美術館記など読み返すと、初々しく?懐かしい感じもいたしますな。
どなたか、世田谷美術館ルソー鑑賞記を書いてくださいな。I藤君!HP用原稿願います。

サガンの出来事もそれなり変化あり。
時間と記憶の装置について、想うことしきり。時間性は我が制作の主体でもあるからして。

さて、
我がクラスお掃除当番月間、宜しくご協力を。

今月、といっても今週で今年最終、昼クラス簡単〆会予定でしたが、変更出来ない要件で1時より中抜け。申し訳ありません。4日の新年会を期して。
5,6時には戻りますので夜クラスは支障ないです。
待ってます~

よろしく。
# by sagan-t | 2006-12-19 08:21 | イベントなど

初めての方も、経験者の方もお気軽にどうぞ。


木曜日の授業から1コマ無料体験ができます。
午前(11:00~)午後(2:00~)夜クラス(6:30~)
木曜日は基本的に時間の入れ替えしていない、唯一のクラスです。
ご都合のよい時間をご連絡の上、お気軽に見学、無料体験レッスンの
お問い合わせください。

画材はアトリエ用意のものをお使いいただけます。


渋谷区 恵比寿
絵画教室 アトリエ・サガン info2@a-sagan.com
# by sagan-t | 2006-12-10 03:22 | 無料体験受付中!

とりあえず、、

恵比寿の絵画教室<アトリエサガン>の隙間クラス、いつでもいらっしゃい木曜クラス、、、ユニーク、ささやか、のんびり、マイペースで制作の木曜クラスのために、新婚即週末シングルになってしまったⅠ藤君が、いつまでも準備中のHPクラスページを心配して、とりあえずブログをアップしてくれました。
ありがと。

昨今お忙しの夜クラス会員ご常連諸氏にあっては、<絵画表現のための目と心>の興味を失わないでいられたら<描けるときに描けるように>のペースでよいと思っていますので、このありがたいブログを連絡、掲示版として各位の状況確認の場としたいと思います。
行こうと思ったのに行けなかったぁ~週には、覗いてみてね。

クラス紹介ページとしてまとまったものに構成するのはおいおいにして、クラス諸氏の進行中の制作作品についての、もろもろお伝えしたいことなど、極力書き込んでゆくつもりですので。
個々の作品についての問題は、その個人だけの問題ではなく共通共有できるものだと、又自己の作品展開のヒントになればと思うところですので、そうした視点でお伝えしたいと思うところを書き込むようにいたします、、、

さて今週は、夜クラスは地味な出席でしたが、午前、午後クラスは、昼食をはさんで連続して制作するK岡、k藤、SS木さん等、モチベーションの高い人が多いので、具体的な効果の口出しより、抽象的な、表現とは何か、、のお話になり勝ち、、
K岡さんは開催中の神戸のティールームの自分の個展を確認に行っった。大作の制作と小品の効果について、、私にとっても大いに問題であるところ、、
そこで、今週のお言葉
大きい作品と小品に落差がない、テーマと内容の使い分けをしないで成立させている斉T講師の個展での発言<僕は、作品をそこにかけた時に壁(空間)が綺麗に見えるように、と心がけながら描いている> ウ~ん、そっか、つい画面上の問題とのみ関わって捉えてしまう閉塞に結構鋭いお言葉、、である。  
そのことについて、考えよ。昼クラス皆様の宿題。とした。

夜は打って変わって、ひっそりと終始した。
集中できて結構です、と嶋D様。
その嶋Dさま。<画材としての鉛筆>にて、観ることと描くこと、すこし自身の実感があるようになられたかな、、
カランダッシュ水性色鉛筆を加え、色彩をアクセントに、1枚1枚表情のある作品になりつつあると思います。
ちったぁ、我ながら良いかな、もう少し良くできるかな、、というきっかけは道具が判り始めることかでもあるかな。
それにしても油絵の具は手ごわいね。
M輪さん、は捉え方と絵の具の使い方がマッチしてきた、、
今回作品、無理なマティエルではなく素直に見られる不思議空間で、モノの描写を表現の課題とせず、モノの在り方を介在して光と空間が考えられるような、、ちょっと注目。

お帰りは、K本さんと、M輪さん開拓のさっぱり系ゆず胡椒ラーメン、新鮮、正解、又行こうね。
I藤用シャンペン、嶋Dさんワイン、在庫あり。
本年度〆会、各位それなりに調整くださいね。先週、A垣君遠来。〆会来るそうです。

本日、PC不調につき、師匠の指導を仰ぎ、その勢いで書き込みました!
毎週書くとは限らん。おつかれ!

元T葉、現I藤夫人途中作品ながら、ご覧あれ。圧縮して荒れてしまったね。ごめん。

f0115769_4103234.jpg画面下方向の水平な色面の構成はどうかな?画面の中だけではなく画面の外のへ空間の広がりも考えて構成してみたら?画面をもうひとつ動かせるところかな、、次回考えてみて。

<9日記>
名物事務局長T橋サン、今月は14日出。
# by sagan-t | 2006-12-09 20:49 | 会員作品批評

臨時サイト開設!

とりあえず、(仮)ということで
木曜クラスのサイトをつくってみました。
# by sagan-t | 2006-11-17 15:43 | 会員作品批評



絵画教室アトリエサガン     サガンに集う会員専用
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28